違いはあるけど同じと思っていい

無線LANの機械の中でも一番利用されている一般的機械が、Wi-Fi認定されている機器なので、Wi-Fiと無線LANは同じものと考えていいのです。ほんとうのところはWi-Fi以外にも無線LANを構築できるブルートゥースなどの機械がありますので、Wi-Fiイコール無線LANではなく、無線LANの一つの規格にWi-Fiがあるというのが正しい答えです。

厳密にいうと言葉として違う意味を持つはずの無線LANとWi-Fiですが、現代の日本では無線LANルーターもWi-Fiルーターといって間違いなく無線LANルーターが出てきますし、Wi-Fiルーターという名称で無線LANルーターが販売されていますので、同じものとして認識していいでしょう。

Wi-Fiと表記されているものなら家庭で無線LAN接続設定を簡単に作る事が可能ですし、今まで面倒だったプリンターの利用も、Wi-Fi対応プリンターなら無線LANでパソコンやスマートフォン、タブレットを利用して無線で写真などをプリントアウトする事も簡単です。

利用する環境によって、例えば鉄筋コンクリートの住宅で壁が多いという場合、無線LANが届きにくいという事もありますし、水槽などがありそれが邪魔をして無線が届きにくくなっているという事もあります。しかし通常、無線LANは今快適に利用できるネット環境であることに間違いなく、それを可能としたのがWi-Fiという規格ということも間違いないのです。