違いはあるけど同じと思っていい

無線LANの機械の中でも一番利用されている一般的機械が、Wi-Fi認定されている機器なので、Wi-Fiと無線LANは同じものと考えていいのです。ほんとうのところはWi-Fi以外にも無線LANを構築できるブルートゥースなどの機械がありますので、Wi-Fiイコール無線LANではなく、無線LANの一つの規格にWi-Fiがあるというのが正しい答えです。

厳密にいうと言葉として違う意味を持つはずの無線LANとWi-Fiですが、現代の日本では無線LANルーターもWi-Fiルーターといって間違いなく無線LANルーターが出てきますし、Wi-Fiルーターという名称で無線LANルーターが販売されていますので、同じものとして認識していいでしょう。

Wi-Fiと表記されているものなら家庭で無線LAN接続設定を簡単に作る事が可能ですし、今まで面倒だったプリンターの利用も、Wi-Fi対応プリンターなら無線LANでパソコンやスマートフォン、タブレットを利用して無線で写真などをプリントアウトする事も簡単です。

利用する環境によって、例えば鉄筋コンクリートの住宅で壁が多いという場合、無線LANが届きにくいという事もありますし、水槽などがありそれが邪魔をして無線が届きにくくなっているという事もあります。しかし通常、無線LANは今快適に利用できるネット環境であることに間違いなく、それを可能としたのがWi-Fiという規格ということも間違いないのです。

Wi-Fiとは何か

日本では、Wi-FiスポットとかWi-Fi接続などといわれることがありますが、基本的にこれは、無線LANスポット、無線LAN接続が正しいのです。Wi-Fiというのは無線LANの接続や無線LANルータを指すという事ではなく「規格」です。

Wi-Fiは「Wireless Fidelity」の略語で、アメリカの業界団体が認定する規格をWi-Fiと呼んでいます。無線LANルータが販売されるようになって、多くのメーカーが無線LANルータを販売しました。しかし、実際に無線LANルータと子機となるパソコンなどをつないでみても接続できないという苦情がメーカーに殺到しました。

なぜ正しく接続しているはずなのに接続できないのか、その理由は、無線LANルータと子機が相互接続できる状態になっていなかったからです。同じメーカー同士なら接続できるだろうとやってみても結局接続できない、メーカーに聞いてみると、同じメーカーでも利用できる機器が異なるという答えでした。

こうなるとその子機を購入するしかなく、結局接続が面倒、出来ないものがあるなどという事が広まり、無線LANを利用するユーザーに広がりがみられませんでした。そこで、アメリカの業界団体が、相互接続できる規格を持っている機器に「Wi-Fi」というロゴを付けて、どんな子機とも互換性があるものとして認定したのです。その規格がWi-Fiというもので、Wi-Fiという表記がある機器は全て互換性があり相互接続できると証明されています。

ただWi-Fiという言葉はすでに無線LAN設定や無線LAN親機について利用されているので、Wi-Fi設定、Wi-Fi接続という言葉も間違いではなく、無線LANの接続という事、設定という事だと思えばいいのです。